手の届く格安マイホーム|夢の一戸建てで家族団欒|笑顔の絶えない家造り
男の人

夢の一戸建てで家族団欒|笑顔の絶えない家造り

手の届く格安マイホーム

建築の際に注意すること

ローコスト住宅を東京で建てる際に、注意したいことがいくつかあります。壁や建具などの数を減らしコストを削減するため、オープンなスペースを設けることがローコスト住宅では少なくありません。必然的に広くなり、エアコンの効率が落ちる可能性もあります。光熱費に影響することも考え、少しでも効率がよくなるよう工夫しましょう。例えば、シーリングファンをつけて空気をよく循環させる、窓を風通しを考慮した位置に設置する、などです。また土地は、L字型など不整形地では住居も特殊な形にせざるを得なくなり、コストもかさみがちです。せっかくのローコスト住宅の安さのメリットがなくなることもありますので、東京での土地探しでは、正方形や長方形など、なるべく整った形のものを選ぶようにしましょう。

無駄の排除で低価格を実現

東京でもよく見られるローコスト住宅は、割安価格で建てられることが大きなメリットですが、それは無駄を徹底して省くことによって実現されています。質の高い生活を送るために必要な部分にはしっかりこだわり、不必要と思われるところは思い切ってカットする、というようにメリハリのある設計となってます。例えばデザインはシンプルにし凹凸をなくして、外壁などにかかる費用を削減しつつ、キューブ型で先進的なかっこいい外観にする、といったことが挙げられるでしょう。また、施工をできるだけ工費がかからない形にする、といったことも行われています。下請け業者に丸投げせず、あくまで専任の職人を使うといった工夫をしているローコスト住宅業者が東京には多いです。こうすることで、中間マージンがなくなり、その分建築価格が安くなる、というわけです。