多くの家族での暮らし|夢の一戸建てで家族団欒|笑顔の絶えない家造り
男の人

夢の一戸建てで家族団欒|笑顔の絶えない家造り

多くの家族での暮らし

資産価値が高い

移住などに対し、支援制度を上手く活用する人の中にはマイホームを最長で終身に渡って借り上げて転貸し、賃料収入を得るなどの賃貸併用住宅に着目するケースが増加しています。不動産を売らずに、住み替えや老後の資産としても活用することができることが評価されています。賃貸併用住宅は借りたい人・貸したい人にとって様々にメリットが得られます。例えば、借りたい派にとって、良質な借家の循環や敷金ナシなどが挙げられ、子育て世帯から支持されています。貸す派にとっては、一生涯の家賃収入や解約の自由、不動産を子供世代に相続させるなどの魅力があります。そのためにもポイントとして捉えておくべきは、客観的評価となる長期優良住宅である点です。

様々な触れあい

現在、個人の戸建住宅で、将来も多彩に活用できる点で賃貸を視野に入れた多世帯住宅が注目度を高めています。これまで、親子二世帯や祖父母から曾孫までがひとつ屋根の下に暮らせる住まいづくりが支持されてきたものの、一工夫として賃貸住戸を併用することです。その入居者も含めた賃貸併用住宅のメリットには、多様な価値観に触れる機会を増やすことが多くなる点もあります。一例としては、賃貸の入居者との交流や憩い、近年問題視されている自然災害などによる共助までが得られやすくなります。予め賃貸併用住宅として計画するだけではなく、完全分離型でも後々、居住空間に空きが出た場合には賃貸住戸に転用することは可能です。家族構成やライフステージの変化にも柔軟に対応できるのは多世帯住宅のメリットと言えます。